So-net無料ブログ作成

ゆっくりしたいぇ~ [ソラとそこに浮かぶ建築物]

気持ちよく晴れたので近所で。

blog2.jpg

一回「仕事しないとそろそろ落ち着かなくなってきたぁ!」

と思うくらい休みたい。

blog.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤコブの梯子 [雑感]

最近よく宇宙エレベータを扱った記事を目にする。
軌道エレベータとか言われることも。
要するに衛星軌道からケーブルを垂らして、
昇降機で行き来しようと言うものだが、
2兆円程度の開発予算が見積もられているらすい。
一昔前まではSF小説での空絵ごとも、
カーボンナノチューブなど科学の発達で現実味が出てきたようだ。

といっても同じような話はスペースコロニーについても
あったように思う。

宇宙開発関連はどんなものでも国家が金を出す以上
何らかのメリットを期待している。
要するに軍事に関してだが、20世紀後半の米ソの宇宙開発の
急速な進展は要するに冷戦の賜物であったわけで。
冷戦が終われば急激な進展はなくなるのが当たり前。
人類が軌道上から地球を始めて眺めてから、月に降り立ち
夢の宇宙船スペースシャトルが登場して以降、
まるで熱からさめたように宇宙開発の進歩が緩くなってしまった。

21世紀なったら数百、数千の人類がすでに長期にわたり生活し、
月にさえも恒久基地が建設され研究開発が行われている。

・・・・と期待していたのに。

軌道エレベータもスペースコロニーも外宇宙探索も
月や火星への移住も、そもそも一般人の宇宙(衛星軌道上)への
旅すらまだまだ先の事なのかもしれませんな。

人間の宇宙への進出意欲って地球上の国家間のごたごたが
一切片付かない間は今以上に湧き上がらないように思える。
戦争の問題、エネルギーの問題、貧困格差の問題、
環境の問題などなど。

まさにSFの話だが、「スタートレック」。私は好きである。
このお話の人類は、3回目の世界大戦を経験し衰退していた中
一人の科学者がワープ航法を発見。それによりエイリアン(バルカン人)
とファーストコンタクトすることにより国家の壁を超えて人類が一つになり
宇宙への進出を果たす。というのが始まりなのでありますな。
麗しい話ではないですか
まさに本格的な人類の宇宙進出にはまず人類がもろもろの壁を乗り越えること
が必要だと思うのでありますな。
逆にそういうものを乗り越えてからでないと結局人類は地球軌道上を
戦争の場所にしてしまうのでしょうな(ガンダム世界のように)。
軌道エレベータにしても建設する場所は治安が安定した国家に、
テロについても充分な配慮をして・・・となんだかなぁ。
でもそれが現実でもあるし。
2兆円という試算も、実は純粋にかかる費用なのかも知れないが
他の事をクリアするのに山ほどお金がかかりそうです。

あと何年生きられるかわからないが、ソラのその向こうの
本当の宇宙(ソラ)から地球をその目で見てみたい というのが
我輩の最後の希望であったりする。
その時わずかでも蓄えがあってそれをすべて充てても、
奥さんに泣いてすがられても、
宇宙へ行ったら最後生きて帰れませんよ といわれても
もし行けるのであれば私は行ってみたい。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008-11-15 [ソラとそこに浮かぶ建築物]

blog.jpg
週の終わりになってよく晴れて気持ちのいい青空が広がった。

ちょうどいい時間帯に某所から撮った夕焼けの写真。

綺麗です。

仕事中でしたがぼーっと眺めてしまったのであります。

こういうところで毎日仕事できる人はいいなぁ~

blog2.jpg

寒い [ソラとそこに浮かぶ建築物]

blog.jpg
冬のどんよりした天気が続いてます。

気持ちのいい青空が見たいのであります。

特に気分が優れないときは。

子供の頃 学校のグランドや川の堤防の草の上で

飽きもしないでソラと流れる雲と眺めていた。

夕焼けで雲の赤色がスーっと紺色に引いてゆく様を見たとき

子供心に感動したものです。

田舎で田んぼばっかりでソラがよく見えてた。

ほんとにそんな時期もあったのであります。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フラフラと (いくつだっけ・・・) [ソラとそこに浮かぶ建築物]

またまた新宿をフラフラと徘徊して撮影したであります。
DCF_0013.JPG

実に良い天気。日差しがやわらかいですなぁ~。
DCF_0014.JPG

新宿というところはポォ~っとソラを眺めながら徘徊するには

人が多すぎていけません。すぐぶつかる。

自分の直行する進路に別の人間が交差しそうになった場合。

なぜか大方の人間は足を早めて交差しそうな人間の「前」を

横切ろうとする。

しかしだ!

相手も同じ反応をするとなれば当然ぶつかる。

で我輩は交差しそうな人間の後ろを通過するように進路を少し修正する。

これでほぼぶつからないのでありますな。

しかし真正面同士だとこれがチキンレースの様相をていするのであります。

どちらがよけるか!両方とも半分づつ避ければ良いじゃん。と思うのだが

・・・最近のリーマンは「てめーがよけろ」気迫満々。

自分がよけていても7割がた接触する。

なんだかいやな時代ですなぁ~
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます